お見舞いとお知らせと落書き。




前の記事を上げたとき、熊本震度7の第一報に驚いて、お見舞の言葉を呟きましたが、それからさらに状況は厳しいものとなっております。

私の夫の実家も熊本ですが、最初の前震は震度4、次の本震は震度5弱。夫の身内も友人も無事なようで一安心しておりました。
昨年亡くなった義姉の家が福岡で、わざわざ義姉のご主人が熊本の空き家となった実家の様子を見に行ってくれて、写真を送ってくれました。築70年近いボロ家は崩れることもなく、中の食器棚とかも倒れることもなく無事でした。

このブログの読者さまも被災された方がいらっしゃるようで、心からお見舞い申し上げます。

悲惨な状況の中、大丈夫とコメントくださいましたa様、ありがとうございました。いつもコメントくださるnママ様、御無事で何よりです。

他にも余震の恐怖に怯え、眠れない夜を過ごされている方もいらっしゃるかと思います。

1日も早く日常が戻られることを心より祈っております。

今、何ができるのか。
まだボランティアの受け入れも出来ず、荷物を送ることも叶わない。
せいぜい募金するくらいしかありませんが、よく覗いている救急医の方のブログに『今私たちができることは日常の生活を保つこと』とありました。
せめて被災地でない地域で、ちゃんと生産し、消費し、経済を回して、被災地を支援する力を保つことだと。
やみくもに何も出来ないことにストレスを感じず、平静に日常を過ごすことだと。

a様からのコメントにもこんな状況でも私のブログを楽しみにしてくれるとおっしゃっていただいて嬉しかったりします。
私も、こんな話でも皆様の癒しになればとできるだけ創作していきたいと思っております。

ただ。

ここからはちょっとお知らせです。


ただいま、連載中の『1997年の夏休み』の一部を限定記事にさせていただくというご報告です。
既に過去記事の一部を限定にさせていただきました。

読まれた方はご承知おきかと思いますが、阪神淡路大震災の一年半後の設定で、原作では全く触れられていない震災についてのエピも幾つか挿入されております。
今回の地震の前から、読者の方には、阪神、新潟、東北など幾つかの震災を体験した方もいらっしゃるだろうことで、普通に公開することに迷いはありました。
そして今、リアルタイムで起きている状況を鑑みて、見たくもないのに地震についての物語を目にしてストレスを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

今後も神戸の救命チームの回想シーンで震災のことが語られる展開になる予定です。

そのため、 過去記事、および今後の記事で、地震や震災に触れているお話は全て限定 にさせていただきます。

パスワードはとりあえず変更しません。
楽しみにしてくれている方もいらっしゃるので。
限定になっていたら、地震のシーンがあるな、と察していただいて、ストレスを感じるかもしれない方はご自分で判断して開かないようにしてください。あくまで自己判断でお願いします。

『夏休み』に関してR18で限定な記事は、全て(・5) 方式にしていきたいと思います。ラストはまたラブラブなえろを書くつもり(←あくまで予定ですが^_^;)なので。


勝手な変更で申し訳ありませんが、私に出来るささやかな配慮です。ご理解いただけたらと思います。


私自身、少しヘビィな展開のあのお話の続きがすぐに書くことが出来るかわかりません。もしかしたらしばらく全然別なお話を書くかもしれませんが、出来うる限り更新をしていきたいと思っていますので、時々覗いていただいて、少しでも日常のストレスから開放されていただけたら嬉しいです。


最後に落書き一枚。
ラフな鉛筆画ですが………

実は、昨年胃ガンで亡くなった義姉と、今回わざわざ亡き妻の実家の様子を見に行ってくれた義兄の写真を元に描いた絵です。

もう末期だったけれど孫を抱くことが出来て、その生まれて間もない孫を挟んで一緒にお昼寝している写真。お葬式にも飾ってあって、未だに見ると泣けてしまう一枚ですが、ほんとに夫婦仲の良さが滲み出て、ほっこりする良い写真なのです。
勝手にイリコト変換しちゃってごめんなさい、と心のなかで天国の義姉に謝りつつ………







1日も早く平穏な日々が取り戻せますように。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ こんにちは

こんにちは
初めて コメントさせてもらいます。
イリコト大好きな40代の会社員です。
ここのブログは 大好きで 自分の充電がなくなってきたら ここを、訪れて 充電させてもらってます。
今回の地震について あったので 言葉を書くのが苦手な私ですが ついコメントさせてもらいました。
今回の九州でおきた地震の大変さに

私は当時 阪神淡路の時に ボランティアで ずっと炊き出しや片付けなど行っておりました。
戦争を知らない自分は その時の TVでは伝わらない 視覚と嗅覚と触覚と そして目の前に整然と並べられていた沢山の黒焦げの遺体に 広がる現実と 涙も出ず ただただ愕然とし 無我夢中でボランティア活動に集中していた思い出があります。
そして 東北の地震です。
ここでは 私の親友が 流され 地元の人に助けられ 1週間生死をさまよい その間 私は連絡のつかない親友の安否と 刻々とTVなどから伝えられる情報と 現地へ行く事も出来ない 何も出来ない自分に ただただ泣いてばかりで その後 諦めかけていた 意識の戻った親友に病院で再開した時の 嬉しさと でも親友の家族が亡くなられたという あまりの悲しさと 本当に辛くて
今回の地震は 阪神淡路クラスだそうで まだまだ続く余震の大きさと 現地へ行く事も出来ず 現地にいる友人達とは安否が確認でき でも とても混乱している状況だというのに 直ぐにでも助けに行きたいのに ただひたすら 今は募金活動に参加するしかできなくて 本当に辛いです。
早く 余震が治って欲しいです。
エクアドル でも大きな地震がありましたね
これから100年 地震の活動期に入る今 やっぱり 原発はいらないよ って思ったり 地球が怒ってるのかな?って思ったりしています。
早く 少しでも早く 今の状況から また 笑いあえる日々になれる事を祈ります。そして そんな日々になれるよう 少しでも 力になりたい と思う日々です。
拙い 文章で いきなりのコメント すみません

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ 益城町から…

このブログには関係ないタイトルかもしれませんが…
被害の大きかった益城町でも余震は徐々に減ってきてはいますが、まだ怖くて家の中には寝れずにいます…
が、おかげさまで、色んな方に助けられ、物資もたくさん届きましたし、何とかやっていけています。元の生活に戻るのはまだまだではありますが…
でも、電気が復旧してくれたので、ケータイの充電も安心してこちらに遊びにこれるのは嬉しいし、日常って感じがします(^-^)
今回のことで電気に水道があって当たり前の日常のありがたさをしみじみと感じています。家族でいられるありがたさも。イリコトを通して感じていた家族の大切さ。一緒にいることの大切さ。この状況で読むとさらにジンときます…
大変ではあると思いますが、何とかしていくしかないので、やれることやって、ここで元気もらって頑張っていこうと思います‼
ののの様にも応援していただけたので♪

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ Re.りんりん様

コメントありがとうございました♪

りんりん様も九州なのですね。あれから1週間以上たちましたが、余震も未だにありますから、なかなか不安はぬぐえないですよね。
本当に、水や電気があり自由に買い物出来る日常って幸せです。この国に住んでる以上、簡単にそれが断ちきられる可能性は誰にでもあるわけですから、他人事ではないです。
被災地の皆様がはやく日常に戻れることを祈っています。

§ Re.マロン様

コメントありがとうございました♪

ご心配いただいてありがとうございました。旦那の親族はみな大丈夫のようです。旦那だけ、GWに九州に帰るので、余震が収まらないと少し心配ですが……
実家の整理に元々帰る予定だったんですが、いっそのことボランティアでもしておいでよと(^_^;)私も行きたいですけど、娘の学校があるから今回はお留守番です……(*_*)

『夏休み』、限定にすると言いつつ、やはりちょっと今は書くテンションになれず、『ゴゴキミ』久々にアップしました。反響多くてびっくり(°Д°)皆さん待っててくれたんですね……いやー長いこと放置しててご免なさい、って感じですf(^^;

一度空いちゃうと中々そっちに戻すのが大変で。色んな話を一度に書ける方ってすごいなーと尊敬してしまいます(^_^;)

義姉にはね、色々と申し訳ない気持ちがいっぱいで。長男の嫁なのに、離れているのをいいことに、義父母の世話を全部お任せしてしまってましたから……同じ九州とはいえ一時間半の距離を毎週通って実家の面倒見てもらってたんですよね。やっと解放されたと思ったら癌が見つかって。なので、義姉に関しては思うことが色々ありすぎて……(..)一度も文句を云われたことはありませんでしたが、優しい義妹では全然なかったと思いますよ。
しんみりしてしまいましたが、ほっこりしていただいて良かったです。

本当に、一日も早く余震が完全に収まって安心して眠れる日が来てほしいですね。

§ Re.kana様

コメントありがとうございました♪

kana様は、神戸の震災も体験され、東北の地震でもお友だちが巻き込まれ色々辛い体験をされたのですね。
私自身は、大きな地震を経験したことも身内が巻き込まれたこともなく、映像で知った情報に胸を痛めるだけで、ある意味他人事で来てしまっています。想像することしかその大変さをわかることができません。きっと、想像以上の苦難と苦痛なのだと思います。
絶対来ると言われている地域に住んでいて、毎回違う所で大きな被害が起きると、改めてきちんと備えなければと反省します。明日は我が身と不安を感じます。でも、とにもかくにも、今出来ることをする。それに尽きると思います。それが募金でも熊本の物を買うでもいいんです。

エクアドルの地震もありました。津波がこちらに来なかったのは幸いでしたが、あちらのほうも大変な状況です。本当に、大丈夫? 地球……と心配になりますよね。

一日も早くゆっくり眠れる日が被災地の皆様に訪れますように。祈ることしかできませんが………

§ Re.紀子ママ様

コメントありがとうございました♪

本当に紀子ママ様が無事で良かったです。前の記事をアップした日に地震の第一報があって、せめてこのblogを訪れてくれる人が何もないように、と祈ってしまいましたが、実際には多くの方が余震に怯え、それでもここを癒しに訪れてくれている方がいると知って、嬉しいけれど本当に驚いています。そして、そんな皆様の暖かい言葉に書くエネルギーをもらっています(^_^)
こんな話でも僅かな時間、辛い状況を忘れることが出来るのなら、頑張って更新せねば、と奮い立たせております。(………といいつつ、相変わらずの亀更新で申し訳ないのですが)
……本当に、このイラストの3人のように穏やかに安らいで眠れる日が紀子ママさまにも被災地の皆様の元にも早く戻ってくることを祈るばかりです。

§ Re.あかり様

コメントありがとうございました♪

本当に大変な状況のなか、ここを訪れていただいてありがとうございます(^_^)
あれから少しでも余震は減ってきたのでしょうか? まだ落ち着いて眠れていないのでしょうか?
避難生活が長く続くと、体調やストレスの悪化も促進されてしまうことかと思います。どうぞ気を付けてお過ごしくださいね。
余震が収まっても片付けやらやることは山積みで大変だと思います。本当の日常までには随分かかるかもしれません。その中で、ほんの一時でもあかり様の癒しになることが出来たならとっても嬉しいです。
募金をすることや、こうして書くことしか出来ませんが、あかり様や熊本の皆様が少しでも早く元の生活に戻れるよう、心から祈ってます(^_^)
あかり様も無理せずご自愛くださいね。

§ Re.ちゅん。様

初めまして(^_^)
初コメントありがとうございました♪

更新楽しみにしていただいて嬉しいです(^_^)
このイラストのイメージのお話しですか?
琴美が生まれてしばらくした頃の感じですよね(^_^)3人でほっこりお昼寝……そんなあったかいお話、思い付いたらいつかアップしますね♪リクエストありがとうございました(^_^)

§ Re.ちびぞう様

拍手コメントありがとうございました♪

ちびぞう様も、お知り合いの方が無事で良かったです。
ちびぞう様も被災の経験がおありなのですね。確かに覚悟や諦念の思いを日本にすむ以上持っているのです。でも、実際その事態に直面した時、自分がどんな行動を取るのか想像もつきません。
その時が、冬なのか夏なのか、夜なのか昼なのか……状況によって全然変わってくるのだろうな、と予想がつくだけで……
夏は衛生問題が出てくるでしょうが、冬は冬で大変でしたね。
行った先々で震災被害に遭われる方も多いようです。
経験をしたこともないものが偉そうにいうのもおこがましいですが、やはりまず自分に出来ることをするしかないのですよね。
本当にそうですね。一日も早く余震が収まって穏やかに眠れる日が来てほしいです。

義姉の子供たちは三人とも結婚式を早め、二人は孫を見せてあげれたんです。ほんと、良かったです(^_^)

ふふ、がっつり読みにくる宣言、ありがとうございました。
私もね、こんな時こそある種の現実逃避で別の世界にトリップできるのはいいんじゃないかと思うのです。少しでもそのお手伝いが出来れば、と思います。
私も半年前色々あって自分とこ休止して、それどころじゃねぇだろ?って時にも他のサイト様に癒されてましたから。

限定宣言したにも関わらず、少しあの話を書くのにちょっとパワーが足りない気がして、ゴゴキミに逃げましたf(^^;
しばらくあっちを楽しんでいただけたら嬉しいです(^_^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののの

Author:ののの
管理人の、のののです。イタズラなキスにはまって、二次創作を始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR