1997年の夏休み (9)


8話もアップしております。そちらから先にお読みください。





※※※※※※※※※※※



8月13日(水)


その日は朝から2人の病児を受け入れていた。
お盆期間に入って、保育園では職員も園児も少なくなり、預かってはくれても体調が悪いとすぐに呼び出しがかかるらしい。
基本は保育室に入る前に受診してもらい、麻疹以外ならおたふくでもインフルエンザでも受け入れる。
一人は37度5分の微熱で、ここに来たときは少し下がっていたので概ね元気で、機嫌よく遊んでいる。
まだ1歳になったばかりの可愛らしい女の子で、まだハイハイが主な移動で、つかまり立ちと伝い歩きもするので目が離せない。
もう一人は5歳の男の子で前日から体調を崩して午後から受け入れた子だった。昨日は38度の発熱で、咽頭結膜熱(プール熱)と診断されて、隔離室で寝かされている。母親が仕事が休めないと、今日も引き続き預かっている。
しかし1日で平熱まで下がり、随分と元気なのにまだ登園禁止の為、隔離室に閉じ込めておかねばならない。昨日熱が高くてもなかなかベッドの中に大人しく収まってくれないくらいヤンチャなタイプで、前日からくるみと琴子を手こずらせていた。
定期的に看護婦も様子を見に来てくれて、病状に問題はないが、喉の痛みが治まらないようで機嫌が悪い。

まだ病児保育は一般的でなく、一部の病院で試験的に行われている為、受け入れる子供も4人までと決まっているが、2人でも大変なのに4人も受けたらパニックになる気がする、と琴子はため息をついた。
小児科での看護実習も済ませていたから楽勝だと思っていたが、燗の強い子供は大変だ。病人相手と分かっていてもつい声をあらげてしまう。

活発な5歳男児に対して、1歳の女の子は天使のように穏やかだ。特にぐずることもなく、大人しくクレヨンでラクガキをしていたが、眠そうにしていたので琴子がおんぶをしたら、5分ほどで寝てしまった。ベビーベッドに置いても起きることはなく一安心だ。

「マコちゃん、寝たの?」

「はい、あっさりと」

「広大くんもやっと戦隊もののビデオで大人しゅうなったわ~~」

「あれ、結構古いやつですよね。もう五年くらい前の」

「いまだにあのシリーズが人気らしいんやて。毎年新しいの出るのにな」

部屋に置いてあったのはゴッドペガサスのビデオだった。

入江くん、ありがとう!

密かに両手を合わせて感謝する琴子である。

「そろそろ昼やな。先に行ってきてな。今がチャンスやし」

「あー、いつもあたし先だからくるみちゃんどうぞ」

「いいん? また救命寄るんやろ?」

「ええ、まあ。逆にお昼外した方がいいかも、とか……」

結局昨日も直樹とすれ違いだった。
何だか自分の夫が実体のないもののようにすら感じる。
本当に神戸に実在してるよね、入江くん……
思わずそんなことを思ってしまう。

そんな時ーー病児ルームの外の廊下で何かざわざわと騒がしい気配を感じた。
廊下との境の壁には大きなガラス窓があり、部屋の中の様子がよく見えるようになっている。
実は琴子がここに来て3日間、頻繁に色々な人が覗きにきていた。
どうやら噂の「入江先生の嫁」とやらをチェックしに来ているらしい。
ナースや患者までが、ガラス越しに琴子を見つけるなり、くすくすっと妙な笑みをみせるのだ。二人で来ていると、笑いながらひそひそと何やら耳打ちしている。
はっきりいって気分は悪いが、こんなことは昔からだ。そもそも直樹との同居がバレた高校時代から、いつだって注目の的だったのだ。

ーーはあ、また誰かあたしのこと見学しにきたのかしら?

まるで動物園の檻の中で見物されているような気分だ。

そう思いながら廊下側のガラス窓を見るとーーいつも以上の人数の看護婦と女性患者が廊下にいる。うじゃうじゃと。
だが、彼女たちの視線は琴子ではなくーー

「い……い……入江くん!」

廊下から窓越しに保育ルームを覗き込んでいた直樹に、そこにいる女子たちの全ての視線が集中していたのだ。

うっうっうっそぉーー!

琴子は慌てて窓に駆け寄り、クレセント錠を外して窓を全開にする。

「おい、エアコンの冷風が逃げるだろ………」

直樹が最後まで語る前に、琴子が窓越しに、がしっとしがみついてきた。

「入江くん! 入江くん! 入江くんだぁ~~」

白衣に包まれた体躯をぱんぱんと叩いて「ちゃんと実体があるっ幻じゃないっ」と目を潤ませている。

「………久しぶりだな」

ふっと優しく笑いかける直樹の顔を見上げたら、琴子の大きな瞳からどぼどぼと豪快に涙が溢れてきた。

「ほんっとお久しぶりだよ~~もう100年くらい会ってない気がするよー」

「大袈裟だな。東京にいた時の方が全然会ってなかったのに」

「でも、でも、近くにいる筈なのに会えなくて……避けられてるとは思わないけど、実は帰ってきたくないのかとか色々考えちゃったり……」

そう、そんなこともちらりと頭を掠めたこともあったのだ。なるべく考えないようにしていたけれど。

「ばぁか。家に帰った方が絶対落ち着いて寝れるのに、そんな訳ないだろ?」

くしゃっと頭をかきまぜられて、もう一度直樹にしがみつく。

「で、塩結び持ってきてるんだろう? 一緒に食えるのか?」

その言葉にはっとして直樹を見上げる。

「入江くんと一緒に食べれるの? 時間、あるの?」

驚いたように大きな瞳をさらに大きくして直樹を見つめる。

「一昨日は鬼頭先生、昨日は神谷先生。いい加減ちゃんと旦那が嫁の握り飯食ってやれ、とみんなに追い出された」

「う……うれしいっ」

涙に濡れていた琴子の顔がぱあっと向日葵のように明るくなる。

「あ、でも……」

琴子が後ろにいたくるみの方を振り返ると、「えーよ。いっといで」と、しっしっと追い払うように手を振っていた。

「ありがとう!」

琴子は慌ててスタッフルームにお弁当を取りに走っていった。




直樹がランチタイムに選んだ場所は、西館と東館の連絡通路の横にある、建物に四方を囲まれた屋上庭園だった。
床面は全て芝生で覆われ、藤棚もあり、大きな樹木も植えられている。
冷房の効いた建物の中に比べたら遥かに暑いが、お陰で人は殆どいない。
二人は僅かな木陰を求めて藤棚の下の木製ベンチに腰掛けた。無論、この時期に花は咲いていないが、それでも繁った葉や絡み付く枝が真上から降り注ぐ太陽の光を遮ってくれる。

「……ああ。だいぶ握り加減もいい感じになってきたな」

直樹は琴子の塩結びを一口食べてから、一言そう評した。
直樹のジャッジを両手を握りしめ不安そうに待っていた琴子はほっとしたように肩から力を抜き、そしてやっと微笑んだ。

琴子がひとつ食べている間に、直樹は3つぺろりと平らげた。

「梅干しくらいなら入れてもいいぞ」

「納豆とか、焼肉とかダメ?」

「ダメ! 」

「えー、でもこれじゃ栄養片寄っちゃう。入江くん、いつもちゃんと食べてる? なんか痩せてない?」

「一応食ってるよ。持たねーからな。とりあえず、次は玉子焼きくらいなら挑戦してみていいぞ」

「玉子焼き? お安いご用よ。いつも作ってるじゃない」

「卵の殻入りじゃないやつな。ついでに茶色くなくて」

「………うっ」

今度は大量の卵を買わねば!ーーと思う琴子とは別に、卵の殻入りでもいいんだけどね、おまえらしくてーーと、直樹は密かに思っていたのだが、そんなことはおくびにも出さずに、その後はしばらく止まらない琴子のお喋りに付き合う。

琴子はこの3日間のボランティアの様子を身振り手振りを交えて細かく話し出す。
託児ルームの元気な双子の話や、旦那さんを亡くしたシングルマザーのナースの話や………

「昨日から病児ルームに来た梨本広大くんは戦隊シリーズが大好きで、中でもゴッドペガサスが大好きなのよ。
あとね、今日初めて来た御子柴真琴ちゃんは、1歳なんだけど、すんごく可愛いの。天使みたい。普段はお祖母ちゃんに養育されてるからすごく大人しくて折り紙とかお絵描きとか静かな遊びが好きなの。あ、今はお祖母ちゃんが入院しちゃっててね、それで、叔母さんが連れてきたの。お母さんの妹さんらしくて、スゴく綺麗な人で、きっとお母さんも美人だったろうなーって……あ、お母さんはね、病気で亡くなったらしいの。あたしはうっすらお母さんのこと覚えてるけど、マコちゃんは全然知らないんだろうなーと思ったら悲しくなってきちゃって……」

エンドレスな琴子の話を聞いているのかいないのか、琴子がポットに淹れてきたコーヒーを黙って飲んでいた直樹の手が、話の途中でぴくりと止まった。

「ーー御子柴……まこと? まことって、どんな字だ?」

「え?」

直樹が何故そこに反応したのか分からずにキョトンとしながらも「真実の真に、琴はあたしの琴と一緒だよ」と、答える。

「……1歳って云ってたな。父親は……いないのか?」

「……確か海外に赴任してるって。それで亡くなった奥さんの実家で養育してるって……知ってるの? 入江くん。 あ、もしかして小児科に来たことあった?」

「ああ……まあな」

一瞬直樹の表情が曇ったことに琴子は気づかなかった。
その時、晴れ渡る真夏の空に、パンっと乾いた破裂音が響いたからだ。

「え? 何? 花火?」

その後も何発か連続して大きな音が響く。近いのか建物にも微かな振動を感じる。
音だけしか聞こえない真昼の花火は、暫く木霊のような余韻を周囲にもたらしていた。

「病院の中にいると気がつきにくいけど、今朝から何発も上がってるよ。近くの神社のお祭りらしいな」

「えーっじゃ、じゃあ、夜にも花火大会とかあるの? 露店とかやってるのかな」

少しわくわくして直樹の顔を覗き込むが、すぐに現実に気がついたのか「あ、無理だよね、分かってるから!」とははっと笑いながら頭をかく。

「小さな神社だから、氏子を集めての餅投げがあるくらいで露店もないし、花火大会もないらしいぞ」

「あ、なんだ。そうなんだ」

内心、良かった、と思う。
そんな夏祭りなんかが近くであったりしたら無理とわかっても直樹と行きたくなるに決まっている。

いやーちゃんともってきたけどね、浴衣………下駄も小物も忘れずに。

来て一週間のこんな状況を垣間見てしまって、段ボール箱の中の浴衣を出すのさえ無駄な気がしてくる。

「まあ……週末には夏休みいっぱいは何処かで必ず花火大会は催されてるらしいけどな」

「………そ、そうなんだ」

「いきたーいっ!て、叫ばないんだな」

直樹が面白そうに琴子の顔をじっと見る。

「いくらあたしが馬鹿だからって、そんなの無理なことくらいはわかるわよ」

少し拗ねたようにぷいと横を向いた琴子の頬をすうっと直樹が撫でたかと思ったら、顎を捉えて振り向かせ、そして唐突にキスをした。

一瞬うっとりと瞳を閉じてひさしぶりのキスに全神経を向かわせていた琴子だが、はっとして辺りを見回す。
この屋上庭園は、建物に四方を取り囲まれていて、ガラス張りの建物からは繁る緑や色とりどりの花々が眺められるようになっているのだ。

そしてーー案の定、何人かの人々の注視を浴びていることに気がついた。

「……い、い、入江くん……!」

真っ赤になって身体を離したが、直樹は構わずにもう一度抱き寄せて、再び唇を重ねてきた。
一週間ぶりのキスは少し長くて、初めはふんわりと優しくて、でも段々蕩けそうなくらい濃厚になって、頭の中がくらくらするくらい熱くなって、いつの間にか琴子もギャラリーのことは気にならなくなっていた。

息が苦しくなって少し唇を離すと、直樹が一言「………眠い」と呟いた。

「へ?」

「琴子。もうちょっとベンチの端に寄って」

「???」

よくわからないまま、直樹の言う通り端によると、直樹は琴子の膝の上に頭を乗せてベンチに横たわった。

「15分後に起こしてくれ」

そう言って、目を閉じる。

「……入江くん……?」

数秒後にはもう寝息が聴こえた。

ーー疲れてるんだなぁ……

木陰とはいえ、真夏の午後だ。それなりに暑い。
微かに汗の滲んだ額を軽くハンカチで拭いて、さらっとした髪をすく。シャワーはきちんと浴びているのか、べたつきも臭いもない。

時折空を振動させる真昼の花火の爆音に目覚める気配もない。
琴子は間近にある直樹の端麗な顔を久しぶりにゆっくりと真上から堪能しながら、こっそりと二人で夜の花火を見上げる風景を妄想した。

暑いけれど、時折頬を掠める風が優しい。

このまま15分後が永遠に来なければいいのに。

そんなことをぼんやり思いながらーー








※※※※※※※※※※※※※


とにかく直樹さん登場まで進まなくては、と頑張ったので(^_^;)更新遅くなりました。

琴子不足でエネルギー切れなのは直樹さんの方ですよね(^w^)


M様宅の『秘蜜』が祝300話、ということでこちらも祝砲あげてみました♪ おめでとうございます\(^o^)/

一度くらいは花火大会に連れて行ってあげたいと思っているのですよ……f(^^;




関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§

8、9御苦労様でした!


わかるよ…琴子ちゃん…神戸に来て…すれ違い生活が続くと神様の意地悪だと思うよね… 
塩おむすび上手くできるようになったんだね♪
中味は入江君の言う通り…梅干しにとどめてね…
みんなが見てるのに…入江君Kiss♪
そして、膝枕でお昼寝♪

これはかなり琴子ちゃんテンション上がったんじゃない!

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ No title

更新ありがとうございます。
いつも楽しく読んでます。

実は、「君のいる、午后の教室」が大好きで、続きの予定があれば嬉しいです。

お忙しい中、更新して下さっているのに、リクエストしたりしてごめんなさい。

§ Re.マロン様

コメントありがとうございます♪

はい、頑張ってますよ~~直樹さんに会えなくても一人必死の形相でお結びを結ぶ女……こわい……f(^^; 頑張ってるので、予定外に会わせてあげたくなって会わせてしまいました。(本当はとことんすれ違わせるつもりだったけれど←オニ? それはそれで不自然な気もして^_^;)
会わせるならとことん見せつけていちゃこらですよ(^w^)
とっても分かりやすい伏線ですが、うまく話を持っていけるかどうか……ガンバリマスf(^^;

あちらにコメントしちゃいましたが、本当、災難でしたねー。
私も一度整体行ってみたいけれど、行ったらエンドレスになるという話を聞いて、初めの一歩が踏み出せません。定期的に通うのが面倒な出不精(?)なので(^_^;

とりあえず動けるようになって、何よりです♪

§ Re.りょうママ様

コメントありがとうございます♪

そうなんですよね~~ せっかく神戸まで来たのにこのすれ違いはあんまりな……でも、もし琴子が神戸の看護学校編入してたらもっと大変なことになってたかな、なんて想像しながら書いてます。勉強と家事とスレ違いで爆発~~なんてね。そう思うと紀子が傍にいる恩恵感じちゃうだろうな~~

もう、頑張ってる琴子ちゃんの為の大サービスですよ。衆目キッスに、膝枕~~♪♪萌えアイテムです(^w^)

§ Re.heorakim様

拍手コメントありがとうございます♪

何とかお結びは直樹さんの口に入りました。heorakimさんに安心してもらって良かったです(^w^)
そうですね……卵パック大量購入ですね(*^^*)

§ Re.紀子ママ様

コメントありがとうございます♪

紀子ママさんのコメント見て……私もこの名前、どっかで聞いたことあるような……というのにようやく気がつきました。そして…やっちまった~~~みこりん、まんまじゃん!!とf(^^;いえ、変わった名字探していて、御手洗とか御厨とか(何故かみんな御がつく……)たまたま本屋で確率捜査官御子柴なんちゃらを見かけて(1巻読んだ筈なのにあまりよく覚えてない)つい採用してしまいました。そしたらみこりんと一字違い~~今更変えられないのでそのままGOですf(^^;

料理才能ないと分かっていても、食べられない筈はないときっと信じているのでしょうね……f(^^;

そうです。厚労省が悪いのです。(ブラックジャックによろしく参照^_^;)

君の名は……ちゃんと見たことないのに、スレ違いドラマだって知ってます。昔の少女漫画もこれでもかっていうくらいスレ違ってたなーと思い出したりして(^w^)わざとらしくガンガンすれ違わせますよ……f(^^;

少し神戸でステップアップした入江くん。彼なりに人間修行中?

みこりん、ならぬまこりん……何かあったんでしょうね(^_^)一歳児と。
しばしお待ちくださいませね(^_^)

§ Re.ねーさん様

拍手コメントありがとうございます♪

花火、無理かも、とおっしゃってたので、ついうちで花火あげてみました(笑)昼の花火だけど。でも、ちゃんと上がってるし! お流石です(笑)

やっぱり〇崎くんから拾ったと思いますよね~~みこりんが実琴という名前ということも忘れてました(*_*;変わった名字と真琴という組み合わせを考えてて、何故か御子柴チョイス……なんか耳馴染みがあるような気がしましたよ……f(^^;そういえば、姫子さん、ちょっと鹿島くんちっくかも………
新刊まだ読んでないのですよ。友達に借りてて、聞いたらまだ買ってないって~~(..)自分で買えよ、ですねf(^^;図書委員目線、楽しみです。はは、図書館えろですねwwあっち、とてもリクエスト多いので頑張ります♪
浴衣が箱から出されるかどうか……東京戻る前に1度くらいはデートくらいさせたいとは思ってますが、最終的には何着てても剥ぎ取られますよね、ええ、もちろん(^w^)

§ Re.りん様

拍手コメントありがとうございます♪

東京の自宅じゃ、そんな書き置きとか必要ないですからね。一応まだ携帯持ってない設定なので、意思の疎通はこれしかないかな、と。あまりそんなことしそうにない男だよな、と思いつつこうもスレ違いだと手紙しかないかなーと思いまして。手紙だと残るから、琴子にとってはちょーラッキーですよね!もうお宝です(^w^)萌えていただき嬉しいです♪

§ Re.たまち様

コメントありがとうございます♪

はい、会えないんですよー(笑)
まあ、いつものことですが今回は妻だと隠さずしてバレてます。しっかり直樹さんがバラしてますから(^_^)
神戸の真理奈……確かに! 神戸のガッキーも配置した方がいいかしら(^w^)
ほんと、東京にいた時は留守電くんに言えたし、直樹も留守電の琴子の声を聞いて癒されてたろうに、それが出来ないので、離れ離れの時以上にストレスですよね。
そうそう、直樹の方がずっと溜まってると思います。仕事がハードな上に声も聞けないし。
もっとスレ違わせようとオニなこと考えてましたが、ちょっと可愛そうになって(私がいちゃこら書きたくなって)会わせてあげましたよ(^w^)直樹さんもぷち充電(でも多分まだ足りない)たまちさんにはにゃ~んってなってもらえて良かったです。
はい、分かりやすい種まきなので回収きっちりしないとですね(^w^)次あたりで芽が出るといいんですが。
そうですよね、似た者夫婦で、秘密の宝箱、互いに持ってます。きっと50年後に後に残された方が知るのでしょう(100くらいまで生きる予定)

因みにまだ夏休み半月くらい残ってるので、それまでに2波乱くらいある予定。(無事に半月済む筈がないのです)最後にラブラブデートくらいさせてあげたいですけどね……まだ遠いなぁ~~

§ Re.喜屋武様

コメントありがとうございます♪

初めましてですよね(^_^)いつも読んでいただき嬉しいです♪
キミゴゴ、何故かとっても再開の要望が多いのです。夏休み終わったら、何とか再開したいなーと思ってます。一度にあっちもこっちも書けない不器用なヤツなくせに中途半端にしちゃって、申し訳ないです。でも、自分としても未完はイヤなので、頑張りますね♪
気長にお待ちいただけると嬉しいです(^_^)

§ Re.ちびぞう様

拍手コメントありがとうございます♪

はい、何とか努力は実りました。
何故か栄養あるもの、というインプットがあるんでしょうね~~関西に納豆はNGなのにf(^^;実は重雄さんの納豆巻きが絶品とか?
ええ、真琴ちゃんに反応した直樹さん。次回からちょっとした波乱が巻き起こる予定……f(^^;
あ、皆さん〇崎くん連想したのに、ちびぞうさんは私と同じ御子柴さんを連想したのかな?
最近、この作家さんの話がドラマ化されたせいで、本屋さんにコーナー出来てて妙に目についてて、それが私の脳内に残ってたようです(^w^)

まあ、ちびぞうさん、病児保育担当されていたのですね! 色々調べはしたのですが、施設案内くらいしかなくて、あまり詳しくはわからなかったのです。今度、ちびぞうさんにお聞きしなければっ
どこも麻疹以外オッケーってあるけれど、世話する人の感染防止はどうやってるのかしら、とか。よくわからないのであまり重篤な子供は受け入れない予定f(^^;
琴子の卒論どうしよう、ということから検索して、なんとなく病児保育に辿り着いたのですが、ちょっとしまった!と思ったりしてf(^^;看護と保育、両方だから大変そうですよね。琴子、頑張れ、ですね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののの

Author:ののの
管理人の、のののです。イタズラなキスにはまって、二次創作を始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR