聖夜に奇蹟は舞い降りる。『あとがき』



去年のクリスマスに始めたこのお話、密かに1月中には終わりたいと思いつつ、案の定2月までかかってしまいました。でも、なんとかバレンタインまでに終われて良かったです~~f(^^;


元々、思い付いたきっかけは、『お母さんが生きているけど入江くんは沙穂子さんと結婚している世界』、と今の世界どっちがいい? という究極の選択みたいなことを妄想したのが始まりでした。
まあ、結果はお話の通りですが(笑)
結局みんな別の世界、別の人生を過ごしてきた人たちだから、いくらお母さんが生きていてもそこに残りたい理由はなかったですね。

けれど、琴子ちゃんをお母さんと邂逅させてあげれて良かったです。それを終着点に見据えて話をつくっていったので。
ちゃんと温もりのある生身のお母さんと、琴子の本当のお母さん(こっちは生身じゃないけど)、なんとか両方に会わせてあげることが出来てホッとしております。

いやー途中沙穂子さんと入江くんが結婚してるってことで、思いっきり引かれるのではと心配してました。そのうえ、お嬢、あんなに出張ってきて。拍手がいつもより全然少なかったので、これはやっちまったか~~限定とかにすべきだったかな?と不安に陥りましたが、コメント寄せてくれる皆様とコトサホ喜んでくれたm様e様のメールに励まされ、なんとか最後まで乗りきりました。
意外と、沙穂子さんの幸せを皆様応援(?) してくださって良かったです。いやはや、最悪の結婚生活だったからね、それだけで十分制裁に価したのかな?
なんにせよ、入江くんが琴子以外を抱くという妄想ができません。なので、多分うちのブログではたとえ沙穂子さんと結婚してもセックスレス夫婦ですf(^^;

最後はかなり強引な離れ業で(又の名をご都合主義という)大団円にまとめてしまいましたが……f(^^;
とりあえずなんとか収束出来て良かったです(^_^;

このパラレル世界の二人のその後を、というリクエストをいただきましたが……実を云うと、この入江くんか沙穂子さんと結婚する話は、元々書きたかった長編を微妙に筋を変えてリメイクしたもので、(そっちは下関には行きませんが……片瀬氏は出てきます)いつかそっちを書きたいので、このお話のその後は皆様の妄想にお任せいたします。
もっともその話も表で書くのはどーなの?って感じなんで、裏を作るかオール限定で大丈夫なのか、などと模索しつつ構想2年以上( 笑)果たして書けるのか?


パラレルワールドについて。
元々子供の頃からSF好きです。SFジュブナイルという少年少女向け小説(今でいうラノベ?)よく読んでました。多次元宇宙とか次元パトロールとかの発想は完全眉村卓の『謎の転校生』ですね。
筒井康隆の『七瀬ふたたび』というエスパーものの話を子供の頃、NHKの夏休みドラマシリーズかなんかでやってて、スゴくはまりまして。(アンハッピーな結末なんですけどね)ヒロインのテレパスの持ち主七瀬を多岐川裕美さんが、予知能力者の青年を堀内正美さん(日キスの大泉会長さんです……ああ年とられたなーと妙な感慨がありましたわ)が演っていたの、凄く覚えてます。その後何度も映像化されてます。で、その話の中で時間跳躍力を持つ少女が、自分が時間を遡る度に、自分が元いた時点と、遡ってやり直した時点で二つの世界が生まれ、時間を戻る度にパラレルワールドが生まれてしまう、という説明をしてまして。結構それが頭に残っていて、無数に存在する平行世界の話を描いてみました。ま、うちのパラレルは時間旅行で生まれるわけではなく、AかBか迷った瞬間にもうひとつのIF世界が生まれるというかなり、なんだそりゃ?な(^_^;発想ですが。
いえ、表向きはそうですが、実は、『妄想の数だけパラレルワールドは存在する』 ということだったりしますf(^^;
二次作家さんのお話の数だけ、もしくはイタキスト様たちの妄想の数だけ、無数のイタキスパラレルワールドが存在し、そしておそらくほとんど全てがハッピーエンド!
一番書きたかったことを話の最後の色つき三行に込めましたが、実はこの話はこれまでたくさんのイタキスワールドを生み出して下さった素敵な先輩作家様方へのオマージュ……なのかもしれません。(←と、ちょっと、かっこよくまとめてみました笑)




長々と蛇足のようなあとがきで失礼しました(^_^;

インフルエンザが流行り始めているようですね。うちも受験まっただ中の娘がいるので戦々恐々です。下の学年で流行っているようですが、とりあえず受験生たちは気合いで乗りきっているのか? 3年生はまだ無事なようです(^_^;)
皆さま、くれぐれもご自愛下さいませ。



スポンサーサイト
プロフィール

ののの

Author:ののの
管理人の、のののです。イタズラなキスにはまって、二次創作を始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR