FC2ブログ

Snow Blossom

イタズラなkissの二次創作ブログです。

Archive [2014年11月 ] 記事一覧

リンクのご報告です!

直樹さんハッピーバースデーのめでたき日に、初めてリンクを結ばせていただくことになりました。むじかく様の運営される『むじかくのブログ』です。ほぼ皆様ご存じだと思いますが……まだブログを開設されて一年満たないのに、既に1000以上の記事をアップされています。毎日更新はあたり前、時には2つ、もしくは3つ、1日10記事あげてた日もあるくらいのパワフルな更新っぷりは読者としては嬉しいばかり(^^)しかも、めっちゃ面白い...

19991111 ~今日は何の日?

「琴子、今日は何の日か知ってる?」着替え終わって更衣室から出てきた途端、男子更衣室から追いかけるように出てきた幹に声をかけられる。たまたま通りかかった他の科の職員が、ぎょっとした顔をして、幹の顔と男子更衣室、と表示されたプレートをガン見していた。無理もない。男子ロッカールームから出てきたのは、スタイリッシュなパンツスーツに身を包んだ美女なのだから。「何の日って……決まってるじゃない、入江くんのバース...

今日はジーザス

さて、今日は娘の文化祭で合唱コンクール。間に合うように行ったつもりがすでに終わっていました。許せ、娘よ。「優秀賞とったんだよ! おかあさんにすごい聴いて欲しかった!」はい、すみません、反省してます。反省する間もなく、今日の夜は市内のホールでまさかの二週続けての劇団フォーシーズン「じーざすくらいすとすーぱーすたー」キリストさんのロックミュージカルです。いや、まさか地元に来るとは思わなくて、取ってしま...

19970612 ~6月の嵐のあとは

なんだかとっても好評なのでまた出してしまいました。かをる子さん。琴子が帰ってからの、かをる子さん回想録です(^^;※※※※※※※※※※※※※※※「ねぇねぇ、森村さん、入江先生の奥さん来てはったって本当?」事務局に文房具の備品を取りにきた消化器内科のナースが、まるでついでのようにあたしに訊いてきた。「ええ、そうみたいね」あたしは興味のない顔で答える。「どんなんか見た?」「いいえ。こんなところに日がな1日いるんだもの、...

19970605 ~Love chargeはカンペキに

このお話は『隣の客は………。』の翌朝のイリコトサイドのお話です。砂吐きそうに甘いかも? 入江くんが、特に(^^;※※※※※※※※※※※※※※※※頭の下の腕がそおっと抜かれようとして、意識が覚醒した。でも、まだ瞼が重い。そして、身体も重くて、だるい。懐かしい気だるさだ。自分を起こさないように、少しずつ少しずつ直樹が腕をずらしていくのがわかり、琴子は少し嬉しくなる。普段は素っ気ないクセに、実はこういう細やかな優しさがあった...

19970604 ~隣の客は………。

出歯亀かをる子さんの話です。覚えていますか?かをる子さん……(^^;※※※※※※※※※※※※※人生には時として思いがけない厄災が降ってくるものだ。こんなドラマみたいなことが本当にあるなんて思いもしなかったけれど。あたしの名前は森村かをる子。神戸医大病院で事務員をしている。29歳独身。彼氏いない歴29年。文句ある?独り暮らし歴は7年。7年住んですっかり馴染んであたしの城となったワンルームマンションを、この春引っ越すこととな...

芸術の秋……ですね。

昨日は娘と大都会N市にお出かけ。電車に乗って一時間、久々の街です。まずは県美術館で絵画観賞。娘に蘊蓄(うんちく)垂れながら、(元美術系学部)思ったほど趣味な絵はなかったのでさっさと通過。沙穂子さんとメトロポリタン美術館展に行った入江くん。琴子とならどんな美術展に行くか妄想してみる。琴子ちゃん、単純に明るい綺麗な絵とかなら喜ぶかな? (印象派とか、ミュシャとか、シャガールとか)でも一番喜びそうなのはトリッ...

月下の一族 あとがき

ハロウィン近いな~と、なんとなく始めてしまったヴァンパイアもの、なんとか終わりました。まさかの12話。最初はさくさくっと一夜二夜三夜で終わるつもりだったのに(^^;元ネタはチラチラと書きましたが『ポ/ー/の一/族』。かの名作のパロディのつもりでした。『すべF』のタイトルパロを書いている時、作者の森先生が『トー/マの心/臓』のファンで、そのことから高校時代友人と『トーマ派』か『ポー派』かで激論をかわしたなと思い...

月下の一族 ~最終夜~ ……いっしょに。

――――彼は塁々たる屍に埋め尽くされた焼け野原を歩いていた。胸に矢が穿たれ、腕が切り落とされ、或いは銃に撃ち抜かれた者もいた。鎧や兜に身を包みながらも大砲や鉄砲には敵わなかったのだろう。硝煙と血の匂いが鼻孔をついた。うめき声もある。死にきれぬ者も多いのだろう。落城した城の中にはさらに多くの者たちが焔に焼かれたことだろう。彼に銃の扱いを習い、薬草の効能を習ったものたちも、皆――。………虚しいものだな。特にこ...

左サイドMenu

プロフィール

ののの

Author:ののの
管理人の、のののです。イタズラなキスにはまって、二次創作を始めました。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー